Market Research


グローバル市場の中から貴社製品・サービスへのニーズが高く、且つ成長性の高い市場を特定するとともに、最適な参入戦略までをご提案します。また、WEBマーケティングや販路開拓等の各種テストマーケティングと組合せることによってユーザー候補・ディストリビューター候補の生の声を集め、より実践的なアウトプット をご報告いたします。

地域対象市場
アジア中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、マレーシア、インド
中東イスラエル、アラブ首長国連邦、ヨルダン、オマーン、カタール
オセアニアオーストラリア、ニュージーランド
ヨーロッパフランス、ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、オランダ、ベルギー、スイス、デンマーク、スウェーデン、ノルウェイ、フィンランド、ハンガリー、オーストリア、チェコ、ポーランド、アイルランド、ブルガリア、ルーマニア、トルコ、スロベキア、ロシア、スロベニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ウクライナ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルグ
北米アメリカ、カナダ、メキシコ
南米ブラジル、チリ、アルゼンチン、エルサルバドルペルー、
アフリカ南アフリカ、コンゴ、ジンバブエ、アンゴア、タンザニア、マダガスカル、ボツワナ、ザンビア、モーリシャス、ニカラグア、セーシェル、ナミビア、モザンビーク、マラウイ、レソト

海外市場へ参入する上で、まず確認すべきはマクロ環境と言われています。日本では当たり前と思っていることが、他国市場では全く通用しなかったりします。
次に、市場を形成する4つのプレイヤーである、Company:自社、Customer:顧客、Competitor:競合、Channel:流通の市場分析することになります。どんなに素晴らしい製品やサービスであったとしても、そもそも顧客のニーズが無かったり、自社より優れた競合が既に存在する場合は参入が困難となります。また、日本の流通は世界的に見ると極めて特殊な形態であることが多いので、国内市場の常識が通用しないケースが考えられます。つまり、その国における流通の定石をまずは学ぶ必要があります。